ミラドライの効果について

ミラドライの効果

手術に劣らないミラドライ治療の効果

ミラドライは切らないのに手術と同程度の効果

ミラドライは、切開をせずに手術と同程度の効果が得られる治療方法です。

わきが治療の手法として最も広く行われている剪除法(せんじょほう)と呼ばれる手術は、臭いの要因であるアポクリン腺を「切り取る」手術です。
一方、ミラドライは、照射熱によって「アポクリン腺の機能をなくす」施術であるという違いがあります。

剪除法の手術では、臭いの原因を取り除くことで汗腺の働きを停止させますが、ミラドライは機能そのものを働かないようにするため、ほとんど同一の効果・結果が見込めるというわけです。

ミラドライのわきが・多汗症への効果

ミラドライのわきが・多汗症への効果

ミラドライは、わきがだけでなく、多汗症の症状にも効果が高い治療法です。

ワキにはアポクリン腺エクリン線という2種類の汗腺があり、それぞれ異なった汗が分泌されています。 わきがと多汗症では、原因となる汗腺が違うため、本来は別々に対処しなければなりません。

アポクリン腺から出る汗は、皮膚の雑菌に分解されることで臭いが生じます。強い臭いをもっているため、これが「わきが」と呼ばれています。

エクリン腺からの汗は、無色透明で臭いもほぼありませんが、表皮の雑菌と混ざると夏場などに汗臭さが発生します。 このエクリン腺からの汗が、暑さなどの外部の環境に関係なく過剰に起こるのが、多汗症です。

ミラドライは、アポクリン腺のみを切り取る剪除法とは異なり、エクリン腺も照射によって処理することができます。 エクリン腺は目視できないため、剪除法では除去することは難しいですが、ミラドライであれば、照射時にマイクロ波がエクリン腺にも反応します。

つまり、多汗症などワキ汗の悩みにおいては、剪除法よりもミラドライの方が適しているのです。

ミラドライの効果が持続する期間

ミラドライの効果が持続する期間"

ミラドライは即効性の高さも魅力の治療です。効果は治療直後より実感できます。 そしてその効果は、剪除法などのわきが手術と同様に、半永久的に持続します。

1回の治療で完全にわきが・多汗症を解消できるとは断言できませんが、当院で行ったスタッフによるモニター治療では、ヨードテスト(汗の分泌量および範囲を視覚的に判別できるテスト)において、 1回の治療で汗の分泌量が大幅に減少しており、臭いも大幅に減少しました。

ただし、症状の重い方の場合は複数回の治療が必要となる場合もあります。 より確実な治療をご希望の方のために、大宮マリアクリニックでは保証付きプランもご用意しております。

ミラドライの効果の持続期間について、不安な点がございましたら、無料カウンセリングでお気軽にご相談ください。

マリア式ミラドライの効果とは?

マリア式ミラドライは治療効果が高く、副作用が少ない

ミラドライ治療は、もともと米国で開発された治療機器です。 マリアクリニックはデメリットの少ないわきが・多汗症治療として、日本でいち早くミラドライを導入し、多くの患者様を治療してまいりました。

麻酔量・麻酔の注入位置や照射方法によって、ミラドライの治療効果や副作用の重さには、大きな差が出ます。 患者様個々の症状をしっかりカウンセリングで診察した上で行われるマリア式ミラドライは、「麻酔量の調節」、「照射方法・レベルの調整」の2点の改善を行うことで、治療効果の増大や副作用の軽減に成功いたしました。

ミラドライは外科手術と異なり「機械をワキにあてるだけ」の簡単な治療のように見えますが、クリニックや担当する医師によって、効果や副作用の程度には大きく差が生じる治療です。 信頼のできるわきが・多汗症に詳しい医師に任せることをおすすめします。

>マリア式ミラドライについてもっと詳しく

ミラドライの副作用

ミラドライの副作用やリスクについて

ミラドライの副作用やリスク

ミラドライは、皮膚を切開することなく汗やわきがの悩みを解消できる画期的な治療法ですが、治療である以上副作用はゼロではありません。

治療をお考えの方の中には、副作用について不安に思われている方もいらっしゃるでしょう。 実際、米国で開発され欧米人の体質に向いていたミラドライは、かつてはアジア人に照射した際、想定より重篤な副作用が起こる可能性が指摘されていました。

日本にミラドライが導入されて以降、症例研究が進んだことで、現在では安心して治療を受けていただくことが可能になっています。 「ダメージが長期間続く」「日常生活に支障をきたす」というような重篤な副作用の心配はほぼありません。

マリアクリニックでは、日々治療の改善に努めており、副作用のリスクはさらに軽減されています。 どうぞ安心して治療をお受けください。

ダウンタイムに生じる一般的な症状

ほとんどの人に生じるダウンタイムの一般的な症状としては、以下のようなものが挙げられます。

  • ・治療箇所の腫れ、痛み、違和感
  • ・吸引による赤み
  • ・治療箇所に生じる小さい水膨れ
  • ・注射によるあざ
  • ・わき下の部分的な脱毛

ダウンタイムの症状の程度には個人差がありますが、いずれも数日~数カ月で治まる一時的なものです。
こうしたダウンタイムが短いことはミラドライの大きな魅力です。
ほとんどの場合、目立つ腫れや赤みは一週間程度で落ち着き、日常生活を送る上ではほとんど気にならない程度になります。

稀に生じる副作用の症状

ミラドライの副作用として、稀に以下のような症状が生じることがあります。

  • ・腕もしくは胴の腫れ
  • ・色素過剰
  • ・治療中の姿勢による腕及び肩のこり
  • ・治療箇所の硬化
  • ・一時的な腕の筋肉及び指の力の減少

これらの症状も重篤なものではなく、数週間~数カ月程度で治まる一時的なものです。

マリア式ミラドライは副作用の少なさを徹底追求!

大宮マリアクリニックでは今後もミラドライの治療改善を目指しています

マリアクリニックは、ミラドライが日本に上陸した当初より、他にクリニックに先駆けていち早く治療に取り入れて症例研究を行ってきました。 わきが治療に精通した医師陣が共同し、治療精度の改善に努めた結果、マリアクリニック独自の治療法の確立に成功しました。

大宮マリアクリニックのミラドライは、麻酔や照射方法を工夫することで、治療効果を高めながらも副作用を大きく軽減したミラドライ治療です。 現在も、クリニック間の情報共有はもちろん、院内研修や勉強会など、日々様々な取り組みを行い、今後の治療改善を目指しています。

大宮マリアクリニックでは、
ミラドライの副作用を
きちんとご説明します

大宮マリアクリニックではミラドライの効果と副作用をきちんとご説明

大宮マリアクリニックでは、患者様に治療のデメリットやリスクまで正しくご理解いただいてから、治療を受けていただきたいと考えています。 カウンセリングでは、ミラドライの効果だけではなく、副作用やリスク、欠点まできちんとご説明します。

さらに、当院では、ミラドライ治療後のアフターフォローも万全です。 治療後の副作用の症状で気になることがありましたら、治療後に期間が空いてからでもお気軽にご連絡ください。

皆様のわきがや汗のお悩みが解決するまで親身に寄り添ってサポートいたします。
安心してお任せください。

ミラドライの無料相談は
こちらから

大宮マリアクリニックでは、ミラドライの無料カウンセリングを行っています。
お電話または予約フォームにてお申し込みください。


ご来院が難しい方には、メールによる無料相談も受け付けております。
お気軽にご相談ください。

わきが・多汗症治療や
ミラドライに関する情報

わきが・多汗症治療やミラドライについて、さらに詳しく知りたい方は、下記のページも合わせてご覧ください。

ページの先頭へ戻る