ミラドライと
他のわきが・多汗症治療方法を徹底比較!

比較①ミラドライとわきが手術(剪除法)の比較

ミラドライとわきが手術(剪除法)を徹底比較

ミラドライが登場する前は、わきが治療といえばわきの皮膚をメスで切開する手術(剪除法)が主流でした。

わきが治療に長年にわたって専門的に取り組んできたマリアクリニックグループでは、手術の実績も豊富です。
そんな当院だからわかる、両者の違いをご紹介します。

わきがへの効果はほぼ同等

ミラドライはマイクロウェーブの熱によってわきがの原因となる汗腺(アポクリン腺)の機能を停止させます。
一方で、わきが手術はアポクリン汗腺を手作業で取り除くことでわきがを治療します。
どちらも、アポクリン汗腺の機能を失わせ、半永久的に再生しないよう処理することが可能であるという点で同等の効果があると言えるでしょう。

もちろん、わきが手術・ミラドライの効果の高さは、治療を担当する医師や治療法によっても左右されるため一概には言えませんが、「ミラドライだから手術より効果が劣る」ということはないと考えています。

多汗症への効果(発汗抑制効果)はミラドライが上回る

多汗症の治療効果は、わきが手術(剪除法)よりもミラドライが上回る

多汗症を引き起こす汗腺(エクリン腺)は非常に小さいため、手作業で取り除くのは難しいという特徴があります。
そのため剪除法によるわきが手術には、発汗を抑制する効果はあまり期待できません。

それに対して、ミラドライはエクリン腺も効率的・効果的に破壊することができます。
わきがへの効果だけでなく、発汗の抑制にも非常に高い効果を発揮します。

ミラドライは術後のわき固定や安静が不要

剪除法によるわきが手術の後は、わきを圧迫固定し、数日の間は安静に過ごしていただく必要があります。

ミラドライであれば、術後にわきを固定する必要はありません。
翌日から仕事に戻る方もとても多くいらっしゃいます。

ミラドライであれば手術跡が残らない

わきが手術はメスを使う手術である以上、どうしてもわきに切開の跡がつきます。
ミラドライは皮膚を傷つけない治療ですから、跡が残る心配もありません。

ミラドライのデメリットは保険が適用されないこと

ご紹介してきた通り、効果・術後の回復などあらゆる面で、ミラドライはわきが手術を上回ると言える治療です。
しかしながら、わきが手術(剪除法)とは異なり、ミラドライは現在、健康保険が適用されません。
大宮マリアクリニックでは、無理なくお支払いいただける月払い制度やお得なモニタープランもご用意しておりますが、自費診療になるぶん、どうしても費用はかかってしまいます。

マリアクリニックは、ひとりでも多くの方をわきがの苦しみから救いたいという想いで、一部のグループ院(新宿・横浜・町田)では保険適用のわきが手術(剪除法)もご提供しています。

ミラドライとビューホットの比較

最近では、ミラドライ以外にも「切らないわきが・多汗症治療」を謳う治療機器がたくさんでています。
その中でもっとも代表的な治療機器が、韓国で開発された「ビューホット」だと言えるでしょう。

ビューホットとは

ビューホットは、多数の針がついたハンドピースをわきに刺し、針から高周波(RF)を照射することで汗腺を熱破壊するという治療です。
メスを使わない点はミラドライと同じですが、わきに針を刺すという点が治療法における大きな違いだと言えるでしょう。

ビューホットもわきが・多汗症に効果を発揮

アポクリン腺・エクリン腺をともに破壊できるという点では、ビューホットもミラドライと同様に、わきが・多汗症に対して有効な治療です。

気になる「どちらの方が効果が高いのか」ですが、こちらも単純比較はできません。
「ビューホットの方が効果が高い」という主張もある一方、わきの皮膚に「面」でエネルギーを加えるミラドライに対して、ビューホットは「点」でエネルギーを加えるため汗腺の破壊漏れが生じやすいという指摘もあります。

ビューホットには針の跡が残る懸念がある

ビューホットもミラドライも、メスを使わないため大きな傷が残ってしまう心配はありません。治療後の一時的な腫れ・内出血などは数日~数か月ほどで消失します。

治療痕の残りやすさは体質にもよりますが、ビューホットの場合は肌に針を差し込んでエネルギーを加えるぶん、治療痕が色素沈着として残るリスクも高いことが懸念されます。

ミラドライは「すそわきが」などには対応できない

ミラドライは「すそわきが」などには対応できない

ミラドライは、わき専用の治療機器です。
そのため、原則として「すそわきが」「チチガ」と呼ばれる症状や、手のひらの多汗(手掌多汗症)を治療することはできません。

一方で、ビューホットであれば、わき以外にも幅広い汗の悩みに対応することができます。

ビューホットは国家機関の承認を取得していない

ミラドライは、日本の厚生労働省の承認のほか、世界一厳しいとも言われる米国FDAの承認も取得しています。
豊富な症例データと厳しい審査基準から、治療効果と安全性が認められているのです。

一方で、ビューホットは厚労省やFDAだけでなく、開発国の韓国でも国の承認は取得していません。

ミラドライは、厚生労働省とFDAの認可を取得した
唯一のわき汗治療機器

ミラドライは、アメリカのFDA・日本の厚生労働省の認可を取得しています。

ミラドライやビューホット以外にも、切らないわきが・多汗症治療は多数登場しています。

例えば、「サーミドライ」と呼ばれる治療は、細いカニューレ(管)を皮下に挿入し、高周波を照射して汗腺を破壊する治療です。
これは、ミラドライやビューホットとは異なり「サーミドライ」という名前の機械があるわけではなく、「サーミRF」という引き締め治療に使われる機器を応用した治療です。
サーミRFはFDAの認可を受けていますが、わき汗治療ではなく引き締め治療での承認です。

このように、「FDA承認!」を謳っている治療機器であっても、わき汗治療ではなく他の治療効果での承認というケースは少なくありません。

ミラドライは、日本の厚生労働省・米国FDAともに、わき汗治療において認可を取得している唯一の医療機器です。
新しい治療はなんとなく良さそうに見えるものですが、ミラドライ以外の治療法の場合、治療効果や安全性を示すデータが不十分な場合が少なくありません。
ご検討の際には、十分にご注意ください。

大宮マリアクリニックが
ミラドライにこだわる理由

大宮マリアクリニックでは、ミラドライにこだわってわきが・多汗症治療をご提供

大宮マリアクリニックがミラドライにこだわる理由は、治療効果の高さはもちろんのこと、患者様への負担の少なさと信頼性です。
数ある治療方法の中で、わきが・わき汗の治療においてはミラドライがもっとも適した治療だと当院では考えています。

もちろん、どんなに優れた機器でも使いこなせて初めて治療効果が出ることは言うまでもありません。
当院は国内でも早期にミラドライを導入し、より効果が出やすく副作用の少ない、独自の治療法を開発してまいりました。

大宮マリアクリニックのミラドライのカウンセリングは無料です。
別の治療法と悩んでいるという方も、ぜひ一度ご相談ください。

ミラドライの無料相談は
こちらから

大宮マリアクリニックでは、ミラドライの無料カウンセリングを行っています。
お電話または予約フォームにてお申し込みください。


ご来院が難しい方には、メールによる無料相談も受け付けております。
お気軽にご相談ください。

わきが・多汗症治療や
ミラドライに関する情報

わきが・多汗症治療やミラドライについて、さらに詳しく知りたい方は、下記のページも合わせてご覧ください。

わきが・多汗症治療TOPに戻る

ページの先頭へ戻る