ミラドライと他の治療との比較

他の治療法との比較

従来の治療法との比較

ミラドライはこれまでのわきが・多汗症治療の一長一短の部分を補った魅力的な治療法です。「傷を作らない」「長期間の効果」「臭いにも・汗にも有効」「短時間治療」「少ない術後の行動制限」など高い効果の水準のまま身体や日常への負担は大幅な軽減を実現しています。これらのコンセプトに興味を感じたら治療をご検討ください。

   ミラドライ  手術  ボトックス注射
効果 長期持続性 長期持続性 数か月間
傷跡の有無 なし あり なし
術後について 患部を冷やします。当日から極端な行動制限はありません。 数日間安静に仕事などは休みます。約1週間圧迫固定をします。 注射自体の異常がなければ普段どおりの生活。
わきがへの効果 有効 有効 発汗神経を抑える目的のみです。
発汗抑制効果 有効 剪除法はわきがの汗腺除去のみを目的としています。 有効
治療時間 1時間前後 1~2時間前後 注射行為のみ
保険適用 × クリニックによってあり クリニックによってあり
費用 1回両わき35万円。保証付45万円。 保険は片側2万円程~。自由診療は30万円以上も珍しくありません。 保険は3万円程~。自由診療は10万円前後。

効果について

ミラドライはマイクロウェーブの熱によって汗腺の機能を停止させ、手術は汗腺を取り除くことで治療とします。どちらも機能の働きをなくすことを目的としてますので同等の効果があると考えられます。ボトックスは神経伝達を麻痺させるものですので夏季など期間限定の利用法となります。

傷跡

物理的に切開行為のないミラドライと注射のみのボトックスは傷跡が出来ることはありません。手術療法はシワにそって切るなど一定の配慮はしてもらえますが傷跡は残ることになります。

術後について

術後のダメージから普段の状態まで戻れる期間を示すダウンタイムはミラドライの場合ほぼありません。患部などは冷やしていただきますが当日からシャワーも可能ですし仕事も休む必要はありません。手術の場合、数日間の安静が必要で仕事は休み、圧迫固定などの行動制限が加わります。

わきがへの効果

ボトックスは発汗を促す神経信号をとめる役割で通常の汗臭さは抑えられる可能性はありますがわきがに関与するアポクリン腺への影響はありません。

発汗抑制効果

剪除法はアポクリン腺除去を目的とした手術で発汗に関係するエクリン腺へは十分な効果は見込めません。切除法というより広範囲を切り取る手術であれば期待できますが傷跡も大きくなり術後ダメージも増える術式です。ミラドライであればダメージを少ないままに臭いも発汗抑制も高いレベルで治療します。

保険診療

ミラドライは自由診療となっております。当院では1回両わき35万円、万が一1回目に満足いただけなかった場合1年以内に2回目が照射できる保証プランは45万円でご利用いただけます。

治療時間

ミラドライは片側約20分、トータルで1時間ほどの施術で完了します。ご自身の身体への負担はもちろんのこと施術者の集中力も持続しやすく安定した治療行為が行えます。

ページの先頭へ戻る