医療レーザー脱毛の仕組み

医療レーザー脱毛の
基本的な仕組み

黒色に反応するレーザーで
発毛組織を破壊

医療レーザー脱毛に使用するレーザーには、メラニン色素(黒い色)に反応すると熱を発生するという性質があります。
レーザーが毛の黒い色に反応することで、毛を生やす組織を熱破壊するというのが医療レーザー脱毛の基本的な仕組みです。
発毛組織が破壊されてしまえば、その毛穴から毛が再生することはありません。

「毛のメラニンに反応させて熱を生み出し、毛を生やす組織にダメージを与える」という仕組みは、エステや脱毛サロンで行われている光脱毛も同じです。
ただし、光脱毛には発毛組織を「破壊」するほどの力はないという違いがあります。

医療レーザー脱毛の仕組みを
イラストで解説

  • STEP1

    毛を剃った状態の肌に、脱毛レーザーを照射します。
    レーザーは毛穴の中に残った毛に反応して熱を発し、毛の周辺組織にダメージを与えます。
    なお、レーザーは黒い色のみに反応するため、健康なお肌を傷つけてしまう心配はありません。

    医療レーザー脱毛の仕組み①レーザー照射のイメージ
  • STEP2

    毛が皮膚とつながっている部分(毛母細胞・毛乳頭)が熱破壊されると、毛は根元を切られたような状態になります。
    そのため、残った毛はしばらくするとポロっと抜け落ちます。

    医療レーザー脱毛の仕組み②毛が抜けるイメージ
  • STEP3

    熱破壊された発毛組織は再生しないため、脱毛が完了した毛穴からは毛が再び生えてくることはありません。

    医療レーザー脱毛の仕組み③脱毛完了した毛穴のイメージ

「バルジ領域」をターゲットにした
新しい医療脱毛

バルジ領域の位置をイラストで解説

近年、新しい医療脱毛として「バルジ領域」と呼ばれる器官にアプローチする脱毛が広まってきています。
「毛包をターゲットした脱毛」という表現をしている場合もありますが、呼び方が異なるだけであり、基本的には同じものです。

バルジ領域は、毛包(その名の通り、毛を包んでいる組織全体のこと)の中で比較的浅い位置にある器官です。

バルジ領域とは

バルジ領域は、近年の研究によって新しく発見された器官です。
毛を作る毛乳頭に向けて指令を出し、発毛を促す働きを持っています。

毛の種である毛母細胞や毛乳頭を破壊しなくても、このバルジ領域を破壊して発毛の指令を断ちさえすれば永久脱毛を実現できる、というのが新しい医療レーザー脱毛の理論です。

バルジ領域にアプローチする
脱毛の特徴

バルジ領域にアプローチする医療脱毛とは

バルジ領域にアプローチする医療レーザー脱毛の場合、皮膚のより深い部分にある毛母細胞・毛乳頭を破壊するまでの強いエネルギーは必要ありません。
具体的には、弱いレーザーを連続して照射することで毛に熱を蓄えて脱毛することが多く、この脱毛方式を「蓄熱式脱毛」と呼びます。
対して、毛母細胞をターゲットとする従来からある医療レーザー脱毛は、一瞬で強力なレーザーを照射して脱毛することから〈単発式脱毛〉と呼ばれます。

この2種類は、どちらが決定的に優れているということはありません。
〈単発式脱毛〉では毛母細胞もバルジ領域も破壊できる。「蓄熱式脱毛」は色黒肌でも脱毛できる、というようにそれぞれに特長があります。

「蓄熱式脱毛」は、「まったく新しい画期的な脱毛方式である」のように、極端に誇張された打ち出し方をされている場合が少なくありません。
しかしながら、実際には「メラニン色素に反応して熱を発生するレーザーによって、発毛組織を破壊する」という基本的な仕組みは同じなのです。

毛のメラニン色素がないと肝心の熱を発生させることができませんから、白髪は脱毛できないなどの特徴も同じです。

脱毛を完了させるには、
複数回のレーザー照射が必要

毛周期とは

医療レーザー脱毛には、1回の照射だけで発毛組織を完全に破壊できるだけのパワーがあります。
しかしながら、脱毛完了までにはに複数回の施術が必要になります。
その理由は、毛が生えるメカニズムにあります。

毛は絶えず生え変わりを繰り返しており、このサイクルを「毛周期」といいます。
毛周期はの長さは部位によって異なり、女性の場合、毛髪は約4~6年、わき毛は2ヵ月程でサイクルをひと回りします。

普段私たちの目に見えているのは成長期と退行期の毛だけですが、皮膚の下には休止期の毛が隠れています。
わき毛の場合、成長期と退行期の毛は約30~40%で、半数以上の毛は見えていない状態です。

さらに、医療レーザー脱毛で脱毛できるのは、成長期の毛だけ。これは、全体の中で約20%ほどしかありません。
つまり、1回の施術で脱毛できるのは全体の毛の一部でしかないのです。

脱毛完了までの回数は5回が目安

「複数回の脱毛が必要なのはわかったけど、それで結局何回でつるつるになるの?」
いちばん気になるのはここですよね。
脱毛が完了して「つるつる」と言える状態になるまでの回数は部位差や個人差が非常に大きいため、どうしても一概には言えません。

ただ、「1回の施術で脱毛できるのが約20%」と上でご紹介したとおり、5回の施術が脱毛の回数の目安になります。
多くの場合は、この5回が完了するとムダ毛がほとんど気にならなくなり、普段の自己処理も最小限で済むなど仕上がりにご満足いただける状態になります。

大宮マリアクリニックでは、毛周期のサイクルに合わせた施術によって、5回のコースで可能な限りすべての毛にしっかりレーザーを当てることを目指します。

医療レーザー脱毛の仕組みは、
カウンセリングでもご説明します

大宮マリアクリニックの医療脱毛のカウンセリング

医療レーザー脱毛の仕組みを、大まかにでもご理解いただけたでしょうか。
脱毛のメカニズムや毛周期については、カウンセリングでもご説明いたします。

「私は毛の色が薄めだけど、ちゃんとレーザーが反応するのかな?」
「サロンの脱毛にずっと通っていたから、毛の生え替わりスピードが普通より遅いんだけど……」

このような気になる点がありましたら、ぜひカウンセリングにてご相談ください。
あなただけの「つるすべ肌づくり計画」を、私たちと考えましょう。

大宮マリアの医療レーザー脱毛について

ページの先頭へ戻る