医療レーザー脱毛の仕組み

医療レーザー脱毛の
基本的な仕組み

医療レーザー脱毛は、メラニン色素(黒い色素)に反応して熱を発生させる特殊なレーザーを肌に照射し、毛を生やす組織を破壊することで永久脱毛効果を発揮します。

「メラニンに反応させて熱を生み出し、毛を生やす組織にダメージを与える」という仕組みは、エステやサロンの光脱毛も医療レーザー脱毛も同じです。
ただし、医療レーザー脱毛と光脱毛とではその照射エネルギーに大きな差があり、毛が生えてこなくなる効果があるのが、医療レーザー脱毛です。

  • STEP1

    剃毛してからレーザーを照射します。
    黒い毛に熱が吸収され、毛根に集中します。

    STEP1
  • STEP2

    熱が発毛組織を破壊します。一度組織が破壊されると、新たな毛は生まれません。

    STEP2
  • STEP3

    毛根が破壊された毛は自然と抜けていきます。脱毛用のレーザーは黒い毛にのみ反応するので、表皮や周辺の細胞を傷つけることはありません。

    STEP3

「バルジ領域」にアプローチする
新しい医療脱毛

近年、新しい医療脱毛として「バルジ領域」と呼ばれる器官にアプローチする脱毛が広まってきています。

バルジ領域とは、毛根よりも皮膚の表面に近い部分にある器官で、毛を作る毛母細胞に向けて指令を出し、発毛を促す働きを持っていることが発見されました。
毛の種である毛母細胞を破壊しなくても、このバルジ領域を破壊して発毛の指令を断ちさえすれば、永久脱毛を実現できる、というのが新しい医療レーザー脱毛の理論です。

バルジ領域にアプローチする医療脱毛の場合、皮膚のより深い部分にある毛母細胞を破壊するまでの照射エネルギーは必要ありません。具体的には、連続でレーザーを弱く照射して熱を蓄えて脱毛することが多く、この脱毛方式を「蓄熱式脱毛」と呼びます。
対して、毛母細胞をターゲットとする従来からの医療レーザー脱毛は、一瞬で強力なレーザーを照射して脱毛することから〈単発式脱毛〉と呼ばれます。

どちらが決定的に優れているということはなく、〈単発式脱毛〉では毛母細胞もバルジ領域も破壊できる。「蓄熱式脱毛」は痛みが少なかったり色黒肌でも脱毛できる、というようにそれぞれに特長があります。

ですが近頃、「蓄熱式脱毛」は従来の〈単発式脱毛〉とはアプローチする器官が異なるうえに、上記のような医療レーザー脱毛のハードルを下げるような特長もあることから、「まったく新しい画期的な脱毛方式である」というような打ち出し方をされている場合もあります。

実際には「メラニン色素に反応して熱を発生するレーザーによって、発毛組織を破壊する」という基本的な仕組みは同じです。

> 当院導入の蓄熱式脱毛について詳しくはこちら

単発式脱毛の照射イメージ

蓄熱式脱毛の照射イメージ

複数回レーザーを照射することで
脱毛が完了

発毛のサイクル・毛周期

毛は3つのサイクルを繰り返しており、これを「毛周期」といいます。毛周期は部位によって異なり、女性の場合、毛髪は約4~6年、わき毛は2ヵ月程でサイクルをひと回りし、新たな毛が生えてきます。

普段私たちの目に見えているのは成長期と退行期の毛だけですが、皮膚の下には休止期の毛が隠れています。わき毛の場合、成長期と退行期の毛は約30~40%で、半数以上の毛は見えていない状態です。

医療レーザー脱毛で効果が期待できるのは、目に見えていない毛も含めた全体の中の20%ほどを占める、メラニン色素を多く含んだ成長期の毛だけです。
つまり、1回の施術で脱毛できるのは全体の毛の一部でしかありません。そのため、一般的にレーザー脱毛は複数回かけて行われます。

大宮マリアクリニックでは、可能な限りすべての毛にしっかりレーザーを照射できるよう、5回コースの脱毛メニューをご提供しております。
個人差や部位ごとの差はありますが、多くの場合は5回コースが完了するとムダ毛がほとんど気にならなくなり、普段の自己処理も最小限で済むなど仕上がりにご満足いただける状態になります。

無料カウンセリングでは、毛周期や肌の状態などを考慮したうえで、お一人おひとりに合わせた治療内容をご提案しております。

医療レーザー脱毛専門サイトを
ご用意しました♪

当院では、医療レーザー脱毛に関するより詳しい情報を患者様にお伝えするため、脱毛専門サイトをご用意しております。こちらもぜひご覧ください。

大宮マリアクリニック脱毛サイトへ

大宮マリアの医療レーザー脱毛について

ページの先頭へ戻る