医療レーザー脱毛の
副作用・リスク

施術に伴う副作用やリスクは
ゼロではありません

医療レーザー脱毛をお考えの方の中には、施術に伴う副作用やリスクについてご不安な方も多いのではないでしょうか。
「すべすべのお肌を手に入れるために脱毛するはずが、逆にお肌が荒れてしまうかも」
「毛の悩みはなくなるけど、別のトラブルが起こってしまうのかな」
というご心配があると、なかなか脱毛に踏み切れませんよね。

医療レーザー脱毛は、数ある永久脱毛方法の中でも安全性の高い施術です。
しかしながら、どんな施術であっても副作用・リスクを完全になくすことはできません。
そこでこちらでは、

  • 医療脱毛はどんな副作用やリスクが伴う可能性があるか
  • それぞれの予防法はなにか
  • 大宮マリアクリニックではどう対処しているか

について詳しく解説していきます。
医療脱毛をご検討中の方はぜひご参考にしてくださいね。

副作用・リスク①
火傷(炎症)

レーザーの熱で肌が火傷状態になり、赤みや腫れが出ることがあります

医療レーザー脱毛は、レーザーがメラニン(黒い色)に反応した際に発生する熱で発毛組織(毛を生やす組織)を破壊し、脱毛する方法です。
熱が発生することから、レーザー照射後のお肌は軽い火傷状態になり、赤みや腫れが出る場合があります。
特に、太く濃い毛が生えている部位はレーザーがよく反応するため、炎症が起こりやすくなります。

火傷の予防法・対処法

レーザーの出力を調整して火傷のリスクを抑え、患部冷却や保湿で症状の悪化を防ぎます

大宮マリアクリニックでは、お肌に合ったレーザー機器を使用し、かつ部位やお肌の状態に併せて出力を調整することで、火傷のリスクを最小限に抑えています。
さらに、施術後は患部を冷却し、炎症止めの軟膏を塗って炎症の悪化を防ぎます。

赤みや腫れの症状が出た場合でも、お渡しする炎症止めの軟膏を塗っていただければ、基本的には数日~1週間ほどで治まります。

万が一症状が改善しないときは、医師が診察を行い、追加のお薬をお渡ししますのでクリニックにご相談ください。その際の追加の診察料やお薬代はすべて無料です。

また、乾燥しているお肌や、日焼けしたお肌は火傷を引き起こすリスクが高くなります。
火傷予防のためにも、お手持ちの化粧水やクリームでしっかり保湿をする、普段からUV対策をするなどしていただくようお願いしております。

副作用・リスク②
毛嚢炎

施術後のお肌はバリア機能が低下し、毛嚢炎ができやすい状態です

毛嚢炎(もうのうえん)とは、毛穴の奥にブドウ球菌という細菌が入り込んでしまい、赤いブツブツができてしまう症状です。
レーザー照射後のお肌はバリア機能が低下しており、細菌が入り込みやすいので、毛嚢炎が起きてしまうことがあります。

毛嚢炎の予防法・対処法

毛嚢炎も火傷と同じく、軽度なものであれば数日で治まりますが、悪化してしまった場合は火傷と同様に、医師が診察したうえでお薬をお渡しします。

毛嚢炎は特に顔や背中にできやすいので、洗顔料やシャンプーをしっかり洗い流す、汗をかいたらこまめに拭きとったり着替えたりするなど、これらの部位を清潔に保つことで発症のリスクを下げることができます。

また、保湿をしっかり行うなど脱毛後のスキンケアを丁寧に行っていただくことも、毛嚢炎の予防に繋がります。

副作用・リスク③
硬毛化

レーザーの中途半端な刺激で、ごくまれに産毛や細い毛で硬毛化が起こります

レーザー脱毛後の副作用として、ごくまれに毛が太くなったり濃くなったりする硬毛化という症状が出る場合があります。
症状が出やすいのはレーザーが反応しにくい産毛や細い毛です。

硬毛化が起こる仕組みは明確には解明されていませんが、レーザーが毛の組織を破壊しきれなかった時に一定の確率で発生することがわかっています。
そのような場合、通常であれば毛が生えるスピードが一時的に遅くなるだけなのですが、ごくまれに中途半端な刺激が逆に組織の働きを活性化させてしまう、という現象が起きるのです。

硬毛化の予防法・対処法

万が一硬毛化が起こったとしても、再度レーザーを照射して組織を完全に破壊できれば、その毛も脱毛することができます。

硬毛化を防ぐためには、硬毛化が起こりにくい機器を使うのも対策の1つです。
大宮マリアクリニックで導入している「メディオスターNeXT PRO」は、蓄熱式という方法でレーザーを照射する機器です。
この機器を使うと、1回の施術でもメラニンの少ない産毛や細い毛にもしっかり熱を伝え、発毛組織を破壊することができるので、硬毛化が起きにくくなります。

> メディオスターNeXT PROについて詳しくはこちら

こんな副作用・リスクの
心配はありません

発汗量の増加

特にワキ脱毛後、発汗量が増えたように感じることがありますが錯覚です

脱毛した後に、なんだか汗をかきやすくなったと感じる方がいらっしゃいます。
特にワキ脱毛をした後、わき汗をかきやすくなったと感じることがあるようです。

これは、毛がなくなったことで汗が皮膚に直接触れるようになり、発汗量が増えてしまったと錯覚してしまうだけです。
レーザーを照射したことで汗腺が増えたり、汗腺の働きが活発になったりすることはありませんのでご安心ください。
汗が気になるときは、汗拭きシートやタオルでこまめに汗を拭き取りましょう。

皮膚がんの発症

医療レーザーによる皮膚がんの心配はありません

医療レーザー脱毛が原因で皮膚がんになるのではないかとご心配な方もいらっしゃるかもしれません。
結論から申し上げますと、皮膚がんの主な原因は「紫外線」であり、レーザー照射そのものが原因となって皮膚がんになることはありません。

赤みや腫れといったトラブルが起きるのも、レーザーが毛に反応することで生み出された熱が原因ですので、レーザーそのものがお肌を傷付けるわけではないのです。
医療レーザー脱毛で使用するレーザーがお肌へ悪影響を与えることはありません。

患者様に安心して
医療レーザー脱毛を
受けていただくために

大宮マリアクリニックでは、患者様に安心して施術を受けていただけるように努めております

始めに申し上げた通り、医療レーザー脱毛の施術による副作用・リスクの可能性はゼロではありません。
しかしながら、丁寧なスキンケアや適切な処置を行うことで、副作用・リスクを軽減する、あるいは万が一トラブルが起きても悪化しないようにすることは可能です。

大宮マリアクリニックでは、患者様に安心して脱毛施術を受けていただきたいと考えております。 そのためにも、副作用やリスクについての正しい情報をきちんとお伝えし、理解していただいたうえで施術を行います。

副作用やリスク以外にも、施術に関して何かご心配な点やご不安な点がございましたら、いつでもお気軽にご相談くださいね。

大宮マリアの医療レーザー脱毛について

ページの先頭へ戻る