レーザー脱毛の仕組み

特殊な波長のレーザーを使用 発毛サイクルも考慮した医療脱毛

メラニンにのみ反応する
レーザーを使用

医療現場で使用されるレーザー治療は、特定の色や物質のみに反応するレーザーの特徴を生かしたものです。
その中でも医療レーザー脱毛には、黒い色の色素(メラニン)に熱反応する波長のレーザーが用いられます。
レーザーによる熱が毛の細胞増殖の機能を持つ毛根まで伝わり、最終的に毛の組織を破壊することで、永久的な脱毛効果を得ることができます。

  • STEP1

    剃毛してからレーザーを照射します。
    黒い毛に熱が吸収され、毛根に集中します。

    STEP1
  • STEP2

    熱が発毛組織を破壊します。一度組織が破壊されると、新たな毛は生まれません。

    STEP2
  • STEP3

    毛根が破壊された毛は自然と抜けていきます。脱毛用のレーザーは黒い毛にのみ反応するので、表皮や周辺の細胞を傷つけることはありません。

    STEP3

複数回のレーザー照射で
発毛サイクルに対応

発毛のサイクル・毛周期

毛は3つのサイクルを繰り返しており、これを「毛周期」といいます。毛周期は部位によって異なり、女性の場合、毛髪は約4~6年、わき毛は2ヵ月程でサイクルをひと回りし、新たな毛が生えてきます。

普段私たちの目に見えているのは成長期と退行期の毛だけですが、皮膚の下には休止期の毛が隠れています。わき毛の場合、成長期と退行期の毛は約30~40%で、半数以上の毛は見えていない状態です。

医療レーザー脱毛で効果が期待できるのは、その目に見えている約30~40%のうち、メラニン色素を多く含む成長期の毛だけです。1回で処理できるのは全体の一部でしかありません。

そのため、一般的にレーザー脱毛は複数回かけて行われます。当院では、毛周期や肌の状態などを考慮したうえで、患者さまに合った治療内容をご提案しております。

医療レーザー脱毛専門サイトを
ご用意しました♪

当院では、医療レーザー脱毛に関するより詳しい情報を患者様にお伝えするため、脱毛専門サイトをご用意しております。こちらもぜひご覧ください。

大宮マリアクリニック脱毛サイトへ

大宮マリアの医療レーザー脱毛について

ページの先頭へ戻る