マリア式ミラドライの治療の流れ

診療の流れ

診療の流れについて

カウンセリング

ご予約後、ご来院いただいたら問診表などを参考にいくつかのご質問やご説明をすすめさせていただきますが、患者様へ満足いただける治療を提供できるよう私たちはカウンセリング内容を重要視しています。患者様の症状や価値観を把握し理解を深めた上で治療を進める事で、良い治療結果が提供できると思っています。わからないこと・不安なことは遠慮なくご質問ください少しでも懸念材料も取り除くことは最善な治療への近道となります。

治療の前の準備

1.マーキング

転写式のマーキングシートを脇へ貼らせていただきます。マーキングシートには患者様の汗腺へ適切にミラドライを照射できる目安となるラインや点が書かれています。汗腺の位置を策定し、照射漏れなどヒューマンエラーの可能性を抑えます。

2.麻酔

マーキングが完了したら麻酔注射を行います。元々は治療中の過剰な痛みを感じないために行うものでしたが適切な麻酔方式はよりよい治療効果と術後の回復具合に好影響を与えると私たちの研究結果から判断し、本治療と同様、重要な手順と捉えています。
麻酔は脇の数箇所に注射し、浸透する5~10分後に治療を始めてまいります。

治療スタート(マイクロ波照射開始)

転写したマーキングシートを目印にミラドライのハンドピースをあて照射を開始いたします。ハンドピースを脇に当てると皮膚が吸い上げられた後にマイクロウェーブの照射が始まり熱によって汗腺の機能を失わせていく仕組みです。照射中は麻酔と冷却システムにより苦痛に感じることはほぼありませんし、スタッフからも適時確認を取らせていただきますが強い痛みを感じた場合は我慢せずにお申し出ください。

照射は片側がおよそ20分ほどで完了し、15分ほど患部を冷やして終了となります。麻酔後の痛み・腫れ・違和感は個々により感じ方が異なりますが不安にかんじる症状があれば適時ご連絡ください、適切な対応をいたします。

治療後の状態について

1.術後当日

ミラドライは日帰り治療で行えますので入院することはありません。自然とご自身の感じる痛みや感じ方に応じた行動スタイルになると思いますが、入浴や飲酒など血流が活発になるような行為はお控えください。入浴はシャワーであれば当日から可能ですが脇をごしごし強く洗ったり熱いお湯をかけ続けるなどはおやめください。

2.翌日以降

基本的には普段通りの生活をしていただけますが運動や体力を使うお仕事などは控えてください。デスクワークは問題ありません。腫れは1~2週間ほど続くケースが見られますが生活に支障を感じることはあまりありません。1ヶ月ほどで腫れも引き、長くても数ヶ月ほどで元に戻ります。

ページの先頭へ戻る