ミラドライの仕組み・概要

ミラドライの原理・概要

米国発祥の最新わきが・多汗症治療 ミラドライ

日本でのミラドライのはじまり

アメリカのMiramar Labs社が開発したミラドライは革新的な非侵襲性(ひしんしゅうせい)わきが・多汗症治療として2010年日本に登場しました。侵襲とは医学用語で「傷をつける」ことを意味し、ミラドライは切らないわきが・多汗症治療としてスタートしました。

ミラドライはハンドピースからの電磁波(マイクロウェーブ)の照射により臭いや汗を出す汗腺を処理していくため「切らずに治す」を実現しています。

米国政府機関FDAに認定されている効果と安全性

ミラドライはアメリカの政府機関であるアメリカ食品医薬品局(FDA)より安全性と有用性の認可を受けている医療機器です。医療機器・医薬品や食品など多様な製品の管理を行っているところで日本では厚生労働省に相当します。ミラドライは臨床なども経て透明性の高い機器ですが、近年同じく切らない治療を謳っている類似機器では情報公開が不十分なケースも見られますのでご注意ください。

ミラドライの原理

水分に集まるマイクロ波の特性を利用した切らないわきが・多汗症治療

電子レンジなどの電波として利用されているマイクロウェーブを使ってミラドライは治療を行います。わきが・多汗症治療以外にも腫瘍など他の医療分野でも応用されている治療であり信頼性の高い治療法です。

ミラドライが照射するマイクロウェーブは極性分子である水分が選択的に吸収され高熱化していく特性を利用し水分を多く含む汗腺を処理していくことができます。

ミラドライはマイクロウェーブを照射するするハンドピースを脇へ密着・吸引後照射します。一つのエリアの照射が完了したら移動させ同様の行為を繰り返し片脇20分ほどの治療時間です。全ての手順を含むとおよそ1時間ほどの治療時間となります。電子レンジのマイクロウェーブは激しい反射により食べ物を温めますがミラドライは汗腺の水分へ重点的に熱を加える設定になっており、その他にも麻酔・冷却システムなどを行いますので汗腺のある皮膚層以外への著しいダメージや激しい痛みなどはありません。

ミラドライ治療の原理図解

Step.1

ミラドライのハンドピースが脇の皮膚を吸いあげ照射が始まります。わきが・多汗症の要因であるアポクリン腺・エクリン腺と呼ばれる汗腺が多くある部分に集中的に熱が加わるようになっており適切に汗腺が処理されていきます。

Step.2

照射されたマイクロウェーブは表皮から真皮を通り抜け、水分の持つ汗腺に到達し加熱されていきます。汗腺の多いエリアの下は皮下脂肪になり抵抗を受けやすい周波数のため汗腺エリアのほうへ熱が溜まっていき、汗腺へ適切なダメージを与え破壊されていきます。

Step.3

加熱による処置は水分のある汗腺へ重点的に行われていますので周囲の皮膚層へ危険なダメージを与えることはありません。表層から真皮は冷却システムである「ハイドロセラミック・クーリング」が作動しており、併せて麻酔もあるため激しい痛みも感じませんのでご安心ください。

ページの先頭へ戻る