ミラドライ治療後のアフターフォローについて

術後の経過について

治療直後から翌日の症状について

治療後はミラドライの照射により汗腺付近の皮膚組織は若干の火傷を起こしているような状態です。アイスパックなどで患部を15分ほど冷やします。適切に行うことでその後の腫れ・痛みは軽減されますのでじっくり行います。 具体的には、アイスパックなどを利用し直接冷やします。

普段の生活様式ではシャワーは施術当日より利用していただけますがサウナや湯船に浸かったり、脇を強い力で洗ったりするのは避けてください。運動や走る行為、飲酒といった血液の流れを活発化させるような行為も当日中・翌日含め数日間は控えてください。腕を上げる動作なども困難に感じるようでしたら無理はせずなるべく休ませるよう心がけてください。

一週間前後

ある程度の症状は落ち着いてきます。腕を伸ばすと皮膚のつっぱり感や、軽めの痛み、内出血の症状が見られる場合もありますが、ほとんどのケースでは軽症のもになります。順調に回復を感じているようでしたら心配要りません。心配なことがあれば遠慮なくお問合せください。

一ヵ月前後

ご来院いただき定期健診を行います。この段階でも想定されている症状が見られる場合がありますが当日よりも一週間後、一週間後よりも一ヵ月後の症状を楽に感じていられるのであれば問題ありません。

三ヶ月~半年前後

痛み・腫れ・皮膚のツッパリなどほとんどの副作用はみられなくなり元の状態に戻っているケースが大半です。

ミラドライ治療は治療直後のケアをしっかり行い、患部を十分冷やすことで、治療後の腫れや痛みなどの回復は良好に進み、時間を経て順調に治っていくことがこれまでの臨床データからも確認されています。

ページの先頭へ戻る