脱毛方法の種類

脱毛方法の種類

服装を選ぶ時に自分の体形や好みを考慮することが重要なのと同じように、脱毛においても、ご自身の毛質や肌質に合わせて治療法を選ぶことは大変重要です。
このページではどのような脱毛方法があるのか、また、それぞれどのような特徴があるのか、詳しく説明いたします。

効果・安全性が高く、短期間で脱毛できる医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、黒い色(メラニン)に反応するというレーザーの特性を生かした治療法です。メラニンに反応したレーザーの熱は、毛根と毛を生やす組織を破壊。
毛の再生を促す幹細胞まで破壊し、永久脱毛を実現します。

約1年で永久脱毛できるほど強い効果を持つ医療レーザーは、医療機関でしか扱うことができない医療機器。医師の監視下のもと、安全性に配慮した施術が行われます。

エステサロンで主流の光脱毛

光脱毛は、脱毛エステで主流の脱毛方法。フラッシュ脱毛、IPL、プラズマ脱毛など様々な呼び方がありますが、いずれも光エネルギーを用いた「光脱毛」です。

レーザーと同じくメラニンに反応する光の特性を生かした治療法ですが、レーザーのように毛を生やす組織を破壊するような力はありません。医療行為ではないため、照射レベルは弱く設定されています。毛が減ったように感じるだけでも、数年かかる場合が多いです。初期費用は安く見えますが、回数・年数を重ねた結果、多額を支払う方も少なくありません。

また、脱毛サロンは医療機関ではないため医師の常駐もなく、安全面のリスクも高いです。

効果は高いが問題点も多い針脱毛

針脱毛は、ムダ毛1本1本に電気を流し、発毛組織にダメージを与える治療法です。1本ずつ確実に処理するため、効果が高い方法と言えます。

しかし、強い痛みを感じやすい上、処理に長い時間が必要となることが多く、体へかかる負担が大きいです。時間や本数によって料金が設定されていることから、費用面での負担も小さくありません。

手軽な反面、肌トラブルを引き起こす毛抜き

毛抜きは、最も多く用いられる自己処理方法と言えるでしょう。しかし、毛を引き抜くことは肌トラブルにもつながるため、当院ではおすすめしていません。

代表的な肌トラブルは、毛穴からの出血や毛嚢炎(もうのうえん)などの炎症です。毛が中途半端に残り、埋没毛(埋もれ毛)になってしまうことも。肌への負担が大きい処理方法です。

一見きれいに仕上がるように思えますが、毛が生える組織は残るため、繰り返し処理する必要があります。

こまめな処理が必要なカミソリ

カミソリも自己処理の定番。安い費用でスピーディーにムダ毛を処理できるため、多くの方が使用しています。

しかし、カミソリによる剃毛は、肌に大きな負担をかけます。カミソリ負けに悩まされた経験がある人も多いでしょう。すぐに毛が生えてくるため、こまめに処理しなくてはならない点もデメリットです。

最近人気の脱毛ワックス・テープ、脱毛石鹸

最近は、ブラジリアンワックスに代表される脱毛ワックスや脱毛テープ、脱毛クリーム(除毛クリーム)や脱毛石鹸(除毛石鹸)なども、安価で手軽にできる脱毛方法として人気です。

しかしいずれも、永久脱毛の効果はありません。肌への負担も大きく、おすすめできない方法です。

ワックス・テープの場合は、毛抜きと同じく毛穴からの出血、毛嚢炎(もうのうえん)や埋没毛などの肌トラブルが起きがち。クリームや石鹸は、毛のタンパク質を溶かす際に肌へも大きくダメージを与えます。肌荒れや色素沈着、毛穴の黒ずみにつながる可能性も高いです。

レパートリーも豊富な家庭用脱毛器

自宅で好きな時に脱毛できる家庭用脱毛器も、根強い人気があります。フラッシュ式・レーザー式・熱線式・ローラー式など種類も豊富で、自分に合った方式の脱毛器を選択できます。

ただし、永久脱毛はできないため使い続ける必要があり、バッテリーやカートリッジを追加購入した結果、多額の費用がかかる可能性があります。火傷や失明、毛穴への負担などのリスクが大きい点も軽視できません。

大宮マリアの医療レーザー脱毛について

ページの先頭へ戻る