脱毛種類別の比較

脱毛種類別の比較

脱毛には様々な方法があり、それぞれメリット・デメリットが異なります。こちらでは、クリニックや脱毛サロンで主に行われている方法について、気になる効果や安全性を比較します。脱毛方法の選択にお役立てください。

医療レーザー脱毛 エステ脱毛
(光脱毛、フラッシュ脱毛)
針脱毛
脱毛方法 毛包に熱を与えて毛が生える組織を破壊する 毛包に熱を与えて毛が生える組織を弱らせる 「絶縁針(ぜつえんばり)」という医療道具を毛1本1本の毛穴に差し込むように入れ、毛根や毛乳頭に高周波や弱い電気を流し組織を破壊する
痛み 個人差はあるが、レーザーの出力具合によって若干の痛みを感じる。ただ、輪ゴムを弾いた程度と言われている 個人差はあるが、若干の痛みを感じる可能性がある 通電の際には強い痛みを感じる。なお、痛みを和らげるため「冷却法」や「麻酔法」という方法もある
脱毛に通う回数 個人差はあるが、5~6回が目安 個人差はあるが、10回以下で終了できることは極めて稀。場合によっては20回以上、何度やっても完了しない可能性もある  
料金 効果が早く出て少ない回数・期間で完了できるため、費用も抑えられる 初回契約料金は比較的安めだが、治療期間が長いため総額費用は高くなってしまう場合が多い とても高額。時間や処理本数単位で料金が設定されていることが多いため、毛が多いほどより高額になる
トラブル・
アフターケア
万が一の肌の痛みやトラブルに対し、すぐに適切に対応できる 医療行為を行えないため、処置(治療)は不可能 医療機関であればトラブルにすぐ対応できる

脱毛方法別の特徴

低価格・安全・短期治療の医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、国から正式に認められている「医療行為」。短期間で高い脱毛効果を実現できる出力の高い機器を用いるため、医師の監視下で施術を行う必要があります。万が一のトラブルにすぐ対応できる安心感は、医療機関だからこそ。もちろん、使用するのは安全性が保証された医療機器です。

また、針脱毛など痛みを伴う方法と比べると痛みが格段に少ない点もメリット。高い効果と少ない痛みを兼ね備えている上に短期間で施術が完了するため、結果的に費用を抑えて脱毛できる方法です。

効果・安全性で劣るエステ脱毛

エステ脱毛(光脱毛やフラッシュ脱毛とも呼ばれます)の仕組み自体には医療レーザー脱毛と同じ。黒い色(メラニン)に反応するレーザーを利用したものです。

大きく異なるのは、エステ脱毛は「医療行為」ではないという点です。基準で定められた値以上の強度でレーザーを照射することはできません。そのため、脱毛効果が限られてしまいます。毛が生える組織を破壊するほどの効果は得られません。毛が減ったように感じるだけでも長い期間、多くの回数が必要になるため、結果として医療レーザー脱毛より多くの費用がかさむ場合もあります。もちろん、火傷などのトラブルが起きてもエステでは対応できません。

時間がかかり、痛みが強い針脱毛

針脱毛は、医療レーザー脱毛やエステ脱毛と異なり、「1本ごと」に処理を行う手法です。具体的には、細い針(プローブ)を使用し、毛穴に微量の電気を流し、毛根組織を機能不能にします。

1本1本確実に処理するため、脱毛効果は非常に高いです。しかし、その分時間がかかる上、処理にかかる時間や本数単位で料金が設定されていることも多く、時間・費用の両面で負担が大きくなる可能性もあります。また、レーザー脱毛などと比べると強い痛みを感じやすいため、体への負担も大きくなります。

大宮マリアの医療レーザー脱毛について

ページの先頭へ戻る